Close

こんな症状で悩んでいませんか?

人それぞれに様々な症状があるものです!一度、お気軽にご相談ください。

スポーツによるケガは、発生の過程によって分けられます。

スポーツ外傷
1回に大きな力が加わる事で起きる怪我のことを指し、例として捻挫・脱臼・打撲・突き指・肉離れなどがあります。
スポーツ障害
過度の練習や同じ動作の繰り返しにより疲労が蓄積した際に起こる。
テニス肘・野球肘・オスグッド・ジャンパー膝・シンスクリプトなど
これらは治療はもとよりそれぞれの競技特性やそれに基づいたフォーム、使用頻度など様々な要因が絡み合っております。
※当院ではそれらの要因と結果において患者様と一緒に治療・改善していきたいと思っております。

生活スタイルや趣味が多様化し、様々な活動を行ってる方たちの身体に起こっている問題や症状を改善させる治療はもとより、予防を含めた生活改善、動作改善の指導なども行っております。

「動」の部分である日常生活活動やスポーツの実践をサポートいたします。

「静」の部分は特に重要だと考えており、癒しや身体のリセット、心の休息・安定を作り出すための空間と時間を提供し、心・技・体のバランスを整えます。

各種健康保険がご利用可能

施術において各種健康保険(共済・社会・国民健康など)や労災保険、自賠責保険が適用。

基本となる健康保険診療とオプションで行う自費診療がございます。健康保険診療に関しましては適用があり、それに当てはまる部分の治療に関しましては、各種保険をご利用いただけます。
また、健康保険の適用外でも、自費での診療を行うことができますのでお気軽にご相談ください。

健康保険適用となる治療
1.急性期または、亜急性期の骨折・脱臼・捻挫・打撲・捻挫に対して健康保険を適用して治療することができます。。
※骨折・脱臼の応急処置を除く、骨折・脱臼の治療は医師の同意が必要です。それ以外の打撲・捻挫・挫傷などの治療は、医師の同意は必要なく保険を適用して治療することができます。
2.仕事中・通勤途中のケガは労災保険、交通事故によるケガは自賠責保険を適用して治療することができます。
健康保険適用とならない治療
健康保険の適用でないが必要とされる治療に対して。

※判断が難しい場合もあるかと思います。一度、お気軽にご相談ください。

Back to top
top